竜神ダムと竜神狭鯉のぼりまつりと

今日は茨城県にある竜神ダムに行ってきました。

リュウジンダムと読みます。

ダム湖は竜神湖。リュウジンコと読みます。

ダム湖の上に歩行者専用の吊り橋がある珍しいダムです。

吊り橋の上から三角屋根の竜神ダムを見ることもできます。

GW期間中は鯉のぼりまつりをしているので

うちの子と一緒に行きました。

今日の主役は竜神大吊橋になりました。

この橋は、昔ふるさと創生事業の一環として建てられた橋で

1994年に完成した375mの歩行者専用の橋です。

完成当時は日本で一番長い橋として売り出していましたが、

2015年12月に静岡県の三島市に400mの三島スカイウォークが完成され

現在は日本一ではないようです。

完成当時は渡る先が実質行き止まりで行って帰ってくるだけの橋に

税金の無駄使いと批判されたそうですが、

しっかり活用して鯉のぼりまつりや、日本最大級の高さのバンジージャンプなど

地域活性に活かせているようです。

ちなみに吊り橋を渡るのにお金がかかります。

ですが、5月5日は中学生以下は無料です。

GWの間の平日にもかかわらず人が多く

水府村物産センター2階の

レストラン森の風は順番待ちでした。

蕎麦が手打ちでおいしいらしいですが、

気分的にうちの家族は全然違うものを選んでました(笑)

味が普通でした。

蕎麦頼めばよかった(笑)

お子様カレーはうちの子完食しました。

作ってくれた人ありがとう。

ゴハンが出てくるまで時間がかかるので

その間にテラスに出て風景を眺めることもできます。

無料駐車場の風景です。

吊り橋自体は100年に一度の強風が来ても

耐えられる設計になっているそうで、

一度に3500人が同時にわたっても平気らしいです。

とても安定感がありました。

鯉のぼりに目を奪われていて歩きましたが

地上と錯覚するぐらい揺れなかったです。

風ありましたが橋の幅が広く安定感抜群でした。

風の勢いに乗って鯉のぼりも勢い良く泳いでいました

気持ちよさそう。

反対側に着くとシンボルの竜神カリヨン

木精の鐘があります。

その上には展望台。絶景です。

もう一つ展望台がありその横には怪しげな遊歩道が

せっかくお金払ったんだからと遊歩道行ったのが間違えでした。

起伏が激しく体力がかなり奪われました。

昔富士山登頂したのになぁ。体力落ちすぎ。

写真よりもかなり急です。

この先には舗装道路がつながってるだけでした(笑)

舗装道路の先は竜神ダムにつながっているようです。

車でも竜神ダムは行けるので引き返しました。

遊歩道からの風景はこれ。

  

バンジージャンプをやる場所が橋の中腹にあって

時々叫び声がこだましていました。

バンジージャンプが人気なようでどんどん飛んでましたね。

竜神大吊橋には仕掛けがいろいろあり、

バンジージャンプスポットのほかに

のぞき窓があり、真下が見ることができる場所がありました。

一つのガラスが割れていて怖かった~

たぶん直してないところを見ると、表面だけ割れてたんでしょうね。

うちの子は度胸試しなのかその上を歩いていました。

この立派な絵が描かれているのが

アンカーフレームという

1100トンのケーブルの聴力を支えるコンクリート塊です。

これがないと吊り橋は維持できないそうです。

絵は時々書き換えられるようですね。

パンフレットの絵はこんな感じでした。

駐車場で犬吠埼以来の丸いポストを見つけたので

鯉のぼりと一緒にハイポーズ。

この子は龍ですかね?

橋を満喫した後は竜神ダムへ、車で5分ぐらいです。

竜神ダムは昭和54年からあるダムで歴史があります。

ダムには赤いプロペラがついています。

ホロージェットバルブというらしい。

写真だと確認できませんが

ちょうどダムの中心の下あたりの穴についているようです。

ダム自体は小規模ですが、

三角屋根と、上を走る竜神大吊橋があり特殊感ありますね。

時期的に水が少なかったですが、

水は勢いよく出していました。

橋から見たダムはこちら

堤頂、徒歩で移動可能です

反対側からの堤頂の様子

堤頂からの下流側

青い建物にはカフェがあります。

子供がいるので騒がしく迷惑になるので今回はパスしました。

カフェから写真撮りたかった~

堤頂付近のダム湖側

ダム湖からの竜神ダム

ゲートより下までしか水貯まってませんね。

竜神ダムからの吊り橋

バンジージャンプしてる人が写っています(笑)

管理事務所の写真

ダムカードをゲットして終了。

ダムから見る竜神大吊橋と鯉のぼりが小さく見えます。

楽しいGWの思い出が今回も増えました。