小河内ダムとドラム缶橋と

東京の水がめ小河内ダムと丸山調整池ダムに行ってきました。

まずは小河内ダム、オゴウチダムと読みます。

ダム湖は奥多摩湖、オクタマコと読みます。

正式名称は小河内貯水池(おごうちちょすいち)というらしい。

多摩川を堰き止めた人口湖です。

1957年に完成した古いダムで規模は日本最大級の水道専用ダムと称される

でもしっかり発電もしています。

トイレもある奥多摩水と緑のふれあい館で

ダムカードゲット。

トイレはきれいでした、掃除ありがとうございます。

2階にある食堂でダムカレー食べる予定が

かなりの混雑で断念しました。

平日だからと甘く見ていました。

一人で良かった。うちの子がいたら収拾付かなかったな。

今回はお盆中実家に長く帰っていたので

保育園に今日から通わせています。

夏休み終盤ですからね、子供連れの一般客多かったです。

バスでのツアーもあるようで大型バスも止まってました。

さすが東京の水がめですね。観光も盛んです。

駐車場も充実していて、屋根付きの場所は車が満席近かったです。

天気は曇り

過ごしやすい陽気でした。

堤頂がめっちゃ広い

堤頂がシンプルで今まで行ったダムの中で一番広く感じます。

真ん中にある白い2つの塔が展望塔。

反対側からの写真です。

ダム湖側です。

反対側から

排出口側は水が勢いよく出ていました。

平野部では雨少ないですが、

山間部は降ってるんでしょうね。

展望塔入り口です。無料開放中

展望塔には模型もありました。

 

思ったより水かさが多いです。

このダムは余水吐水門の排出場所と、通常の排出場所が分かれているのが

特徴的でした。

こっちが余水吐水門の排出口

全開の時はなかなかないでしょうね。

模型で見るとわかりやすいかもしれません ↓

余水吐水門の下から見たダムです。

吐水門の隣の管理事務所です。

ダムのシンプルさと湖の雄大さに時間を忘れます。

調べてみると戦隊ものの撮影の舞台になることも多いようです。

昭和の戦隊ものですが、

科学戦隊ダイナマンの基地のモデルにもなってるんだとか。

その他には、ゴジラ対メガロや仮面ライダーの特撮で使われたそうです。

対岸にはドラム缶橋の原型や、

コンクリートを入れる入れ物が展示されています。

奥多摩湖に沿って車を走らせ、10分ぐらいのところに

ドラム缶橋があるそうなので行きました。

赤い橋が目印で、橋を超えてすぐトンネルがあり

トンネルを抜けた左側が浮き橋の入り口になっています。

赤い橋の手前が信号交差点になっており

その目の前の駐車場に停めるのがベストです。

ちなみに赤い橋は、峰谷橋といいます。

バス停もあり峰谷橋って名前のバス停でしたね。

ドラム缶橋は老朽化で今ではプラスチックの浮きに替わっていました

正式名は麦山浮橋とうらしい。水がきれいでした。

もちろん歩行者専用で、私のほかに観光客が何名か渡ってました。

けっこう揺れましたが、思った以上に幅が広いので安心して渡れます。

うちの子は怖がって渡らないだろうな。

次に丸山調整池ダムに向かいました。