アドラー心理学と嫌われる勇気と

今月一カ月ぐらいかかって

嫌われる勇気という本を読みました。

心理学の本としては読みやすいはずですが、

なかなか読み進められなかったです。

読み物としては面白いですが、

考え方が違いすぎて、

同じ世界の話しているのに、

見方が違うとこんなに見え方、

考え方が変わるのかと驚きを隠せません。

10年ぐらい前に量子力学の本を読んだ時のような

違和感満載な気分です。

量子力学では、シュレーディンガーの猫って言葉しか今では

思い出せないのが残念ですw

アドラー心理学の本質は、ヒトの悩みは人間関係のみ。

過去のトラウマがあっても、未来は変えられる。

むしろ過去なんて関係ない。

承認欲求を否定して、自分のできることをして、

コントロールできないことで悩まない。

他人をコントロールしようとするから人間関係で悩むんでしょ。

他人を変えるのではなく、自分を変えましょう。

そして、今の一瞬一瞬に集中して生きよう。

超要約するとこんなかんじです。

発想が違いすぎて、

面白いと思える一冊です。

なにか閉塞感を感じてる人とか、

人間関係で悩んでいる人は一読する価値あります。